スキルアップにつながる上手な転職とは?

看護師の人気転職先について

看護師の転職できる職場には病院とひとことで言っても様々なものがあります。総合病院や中規模の病院、クリニックなどです。これらは人気不人気というのがありますが、それは年代やキャリアによっても変わってきます。
保育園看護師は魅力的なお仕事?

また、更に人それぞれの置かれた状況によっても変わってくるため、自分に向いた職場はどういった所なのか、見極める事が大切です。

まず看護師になって比較的日が浅い方に人気の職場は、何と言っても総合病院です。 経験できる仕事の量や質も高く、忙しいですが研修や勉強会もしっかりと整っていて、看護師としてのキャリアを積んでいくにはもってこいの職場になっています。 大学や専門学校だけではまだまだ知識・経験共に足りない部分は多く、その面をカバーできます。

反対に小さな規模の病院やクリニックなどはこういった研修プログラムなどが整っておらず、スタートとして選ぶ職場としては人気は低くなっています。 また、専門性の高い精神科などの病院も、看護師になりたての方には少しレベルが高い事もあり、不人気です。

そこから経験を積み、3~5年してくると、次の道に進み始める方も増えてきます。 結婚や育児、家庭の両立で退職をする方も増えてきて、仕事以外の生活との両立を考え始める方が増えてきます。

そういった方には先ほどのクリニックなどの方が人気が高くなってきます。 夜勤がなく、総合病院ほど慌ただしさがないため落ち着いて働く事ができ、パートや派遣としても仕事をしやすいためです。

さらに経験を積み、10年以上のキャリアになってくると、その経験を生かして高収入の民間医療施設や有料老人ホームなどでの勤務を希望する方が多くなってきます。 また、今後の事を考えて、安定して長く働けそうな職場を選ぶ事も増えてきます。

国立病院や訪問看護ステーションなどがその例です。 このように、看護師の人気の職場というのは、転職する時期ごとに分かれてきます。 あなたも自分の希望を振り返って良く考えて、転職先を決める事をお勧めします。


30代の看護師の転職事情

30代での看護師の転職は実は売り手市場と言われている年齢です。 一般職で言うとそろそろ求人が減り始める年齢ですが、看護師は他の業種と少し異なり、かなりスムーズに転職しやすい年代です。

30代のポイントは、若さとスキルのバランスの良さにあります。 30代の看護師の方は20代前後から看護師としてのキャリアをスタートして、大体の方であれば5年から8年以上は看護師としての仕事を行っているはずです。

これだけの年数を重ねていれば看護師としての一通りの事は身に付けており、ある程度緊急的な対応にも慣れているはずです。 転職する際には即戦力としてすぐに活躍してもらえると判断されます。 その病院特有のルール等を押さえて貰えば職場側も他にあまり手間がかからず、長く働いてくれる年代でもあります。

また、30代の方の特徴としてもうひとつ挙げられるのはコミュニケーション力。 看護師の方は日々患者さんと接しているため、コミュニケーションはある程度得意な方が多いですが、30代に入ってくると、相手に合わせて会話をするという相手の立場に立った会話が上手になってきます。 そのため話しやすいと思われて、患者さんだけでなく、スタッフの方とも上手くやり取りできる方が多い年代です。

逆に30代で転職がしにくくなる方は、それまで色々と職場を変わってしまって、落ち着きのないイメージを与えてしまう方。 転職回数が多いとあまりプラスイメージは持たれにくくなってしまうため、気をつけたいポイントです。

もし少し回数が多い場合は、面接などの際にその理由をしっかりと説明でき、見た目の印象的にも、今は落ち着いてきているという印象を出すようにしましょう。

30代の方はまだまだ若いと言われる年代。 スキルを生かしてしっかり働ける方も多いので、転職の際には職場選びにもこだわっていきましょう。

家庭や育児との両立がある方には、クリニックがお勧めです。 夜勤も少なく、落ち着いて働く事ができます。 また看護師としてしっかりと働きたいという方には、規模の大きな総合病院がお勧めです。